佐藤妹子の備忘録

精神障害者のメモ。

バカの仲間はバカ

先日、この時期まで就職活動をしている学生は総じてクソだと言ったが、加えて採用活動をしている企業もまあそれに似つかわしいものだということを実感した。

 

先日面接に行ってきた企業は、「性格診断の結果、あなたは人を実力のみでしか見てないためコミュニケーション能力、協調性が低く友達も少ない。給与や福利厚生を気にするため生活手段としてのみ労働する可能性がある」などとのたまってきた挙句、「異性との交際経験はあるのか」といった至極どうでもいい質問をしてきたので、もういいといって面接途中で帰った。まあ性格診断の時点で落とすことは確定しているから、このキモオタの話聞いてあとで飲み会のネタにしてやろうとでも思ったのだろう。

 

労働は生活の手段に過ぎない。目の前に500億円あって、一生が保証されていたら誰も働く人間はいないと考えるが、俺は何か間違っているだろうか?

名だたる企業は10月初旬に内定式を済ませたと思うが、それより後に採用をしているところは実力重視通年採用か、他の企業に学生を取られて逆お祈りされた企業か、いつでも人手不足な土方に分類されることを学んだ。

 

サークル活動のことなども聞かれた。類は友を呼ぶ、ウェイ企業はウェイ学生を呼ぶ。「彼女最近できたんすよ!インカレサークルで知り合ったんすけど、あ、サークルはテニスっす!テニスはやってないんすけど!」といった模範的解答をしていればきっと受かったんだろう。大学入学から学費生活費を稼ぐ必要のあったジリ貧学生にはわからない世界だ。初めてまともに会話する人間に、交際相手とどこで出会ったのかペラペラ聞く方もおかしいし答えたくもないと思う。

 

「この人の部下になりたくない、って人はどういう人?」という質問があったが、トイレに行って鏡でも見てこいと思った。こんな会社には行きたくないし、どうぞお祈りお願いしますといった感じだ。

 

その点実力重視の企業は、仕事に関係のない質問をしてこないから好感が持てる。スキルでパンチするのが一番手っ取り早い。ウェイウェイした活動歴のないキモオタクは、自分を偽りたくないのならば勤勉さを認めてもらうしかないのである。

 

不愉快な面接の帰り、食べログ3.5を超えていて口コミ数も多かったラーメン屋に入った。しかしたいしておいしくもないしまずくもないラーメンが出てきたから、本当においしくないしまずくもないのか、と思いながら確認のため替え玉を頼んでみたけど変わらなかった。

己の不勉強さが味を変えたのかもしれない。頑張れオタクたち。

 

 

就職活動。

今日も説明会に行ってきたが、やはりこの時期の会社説明会は掃き溜めしかいない感がすごい。自分は2ch基準で言ったら大したことはないのだが世間的には高学歴の部類なので、他の参加者は同じくらいの学歴の学生がいないし一癖二癖あるようなやつばかりだ。この時期内定がないのにはやはり相当の理由があるのだと悟った。

 

今日の説明会は本当のざっくばらんだったので、人事はなんでも聞いたら答えてくれた。

でもこの優しい人事もどうせ面接では落としてくるんだろ?横の3月から就活してるのに内定がないコミュ障Fラン生を見るとそう思えてくる。

 

もう誰も信じられない。

 

漠然とwebデザインの仕事をしたいと思っていたのだが、説明会に行ったら思ってたんとちゃうな〜ってなった。やはり自分は動かす方のものづくりが好きだ。

 

今日の優しい人事のまま、俺を雇ってくれ〜〜。学歴なら一番高いから。

こんな夢を見た。

曽祖父が横浜から新横浜へ車で行くと言って、マニュアルの古い自動車に乗り込んだ。僕は後ろを歩いて追うことにしたのだが、曽祖父の車は30mほど進んだところですぐに赤信号に引っかかり、停まった。

信号が青に変わっても、曽祖父の車は動き出さない。93歳の曽祖父である、すわ死んだかと、車まで駆け寄ると運転席で寝ていた。

じいちゃんこんな風に眠るようにして死んじゃうのかなあ、と思った。
そんな夢を見た。

曽祖父は13年前に亡くなっている。

靴をコインランドリーで洗う

特にネタがないので、表題の通りである。

 

最近は靴を洗えるコインランドリーがある。一人暮らし用のアパートだとベランダや共用部に水道がないことが多い。なかなか靴を洗う気にもならないと思うが、世の中便利になったものだ。

 

靴の洗濯機はだいたいコインランドリーの洗濯機群の隅っこに置いてある。推し量るに、世に普及しているマシンは洗剤入り20分200円のものがメインみたいだ。子ども用の靴なら4足、大人用なら2足までいけるらしい。

 

f:id:imokosato:20161018212709j:image

 

今日洗ったのは8年使ってるこの靴。発掘バイト初日、長靴で行かなかったのでこうなった。元々高校時代体育館シューズだったためそんなに汚れていなかったのだが、1日にしてこうなってしまった。

 

靴の洗濯機は服と違って乾燥まで一体化していないので、20分200円で洗ったあと別で乾かす必要がある。家で乾かしてもいいのだが、今週はあまり天気が良くなさそうなので乾燥機を使った。

 

靴の乾燥機は大抵靴の洗濯機の上にある。20分100円で、洗濯機と同じ数の靴を乾かすことができる。20分あればだいたいの靴は乾くので問題ないだろう。部屋干しなどの変な匂いもしない、清潔な仕上がりになる。

 

f:id:imokosato:20161018213330j:image

 

乾燥まで終えた靴。すっかりピカピカになった。それにしてもあんなにあった泥はどこに消えたのだろう?

 

普通のコインランドリーと同じように簡単に操作できるので、汚い靴、悪臭を放つ靴があったら是非使ってみてほしい。全てのコインランドリーに靴専用機があるとは限らないので、その点だけご注意。

 

 

発掘

今日の発掘バイトは念願の一日ドカタ作業をしていた。

 

遺跡の発掘は、スコップでガンガン掘って行くという感じではなく、まず初めにショベルカーである程度表土を削り、そこから手作業で、掘るというよりかは剥ぐという感じで行う。 

 

使う道具は主にじょれんとステーキホーというものだ。じょれんは鍬みたいなやつで、ステーキホーは草刈りのときに使うコテみたいな形のアレみたいなやつ。マイステーキホーとマイシャベルを支給してもらえたが、まだシャベルは使っていない。

じょれんで土を削って行くと、上の土とは違う色の地層が出てくる。そうしたらコテみたいなやつで、掘っている区域全体の高さに差が出ないように、均一を目指して撫でるように削るのだ。すると、同じ地層なのに真っ黒な部分が出てくるのだが、その部分が遺構だったり、小川だったりする。

 

じょれんやコテで作業していると、たまに「カン」と音がする。

残念ながら音がするのは土器ではない。ただの石だ。私が今作業している区画では、今のところ土器の硬度、強度は基本的に金属音を発するレベルではない。

土器は音ではなく、視覚情報から判別する。ご存知の通り土器はレンガ色のものが多く、土の中でそれは一層映える。

私はまだできていないが、小さなものは丸々発見されているものもある。

 

土器がそのまま埋まっていることは稀だ。そもそも割れたものを捨てたゴミ捨て場かもしれないし、丸々埋めていてもその後の気象の変化、地盤の変化などで割れてしまうことが多い。綺麗に発見できた場合、それは意図的に埋めてある可能性もあるため、すぐに掘り上げずに、実測して図面に起こすようである。

 

作業員はだいたい退職後のおじいちゃん達なので、孫世代の私は随分可愛がってもらい、「よく頑張る子だねえ」などと褒められていい気分である。居酒屋のバイトで、中高年に好かれる術は十分身につけている。

しかし、土を削ったり、削った土を運んだりといった作業は割と腰にくることが判明した。20代前半にして体力的に彼らに劣っていることを痛感する。

 

一日中ジャージで外にいるなんて高校の体育祭以来だが、おじいちゃん達に負けないようにまた頑張りたい。

土偶掘りが土偶になる

高校卒業時から15kg増量している。

大学入学から卒業にかけて結果8kgほど太ったのだが、大学院に入ったらストレスで痩せると思っていたら不規則な生活で逆に太ってしまった。9:00から15:00まで授業を受けて25:00まで勉強会、その後帰宅しごはんを食べてまた09:00から大学に行くのは流石にまずかった。

学部生の頃は何もしなくても2週間で8kg痩せたものだが、もうそんな年ではないらしい。

自らの年を鑑みて、健康を維持する努力をしなければ…………

旧交をレンチン

1964年に東海道新幹線が開業して半世紀が経過したころ、やっと北陸にも高速鉄道が開通した。北陸の文明が50年遅れている証明である。

金沢東京間を2時間半、2万円で繋ぐ新幹線は、我々貧乏学生には縁の無い乗り物だ。私が東京に行くときはだいたい夜行バスである。

 

法事のために帰省していたが、行くついでに東京、北陸に帰るついでに岐阜に寄って、数少ない学部時代の友人に会うことができた。私はサークルなどに所属しておらず、150人ほどの学部で友人が2人しかいない。大学全体を見ても両手で足りるほどしかいなかったので、貴重な存在である。

私が通っていたところは上位国立大学なので、偏りはあるものの全国から学生が集まっている。進路も多種多様なため、色々なところで人を頼りにできるのはとてもありがたいことだ。

 

フラフラ休学求職中の自分と違い、友人たちはみなそれぞれの仕事、役割をこなしていた。早く進路報告をしたいものだ。