読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤妹子の備忘録

精神障害者のメモ。

ハタラクユニクロ スマートアンクルパンツについて

弊社はオフィスカジュアル推奨なので、私はユニクロのカーディガン、ユニクロのブラウス、ユニクロのスマートアンクルパンツを色違いで数枚買い、手持ちのセーターやカーディガンと組み合わせて春の通勤服、としている。

 

このスマートアンクルパンツなのだが、ベルト通しがない。これはユニクロのアンクルパンツ全体に言えることらしい。

Sだと脚と尻が太くてはきづらかったためMサイズを買ったのだが、脚と尻に合わせたためウエストが合わないという問題が。Mサイズで定義しているほどのウエストがないため、ずり落ちてきてしまうのだ。腰パン短足不可避!

 

「アンクルパンツ ウエスト 落ちる」などで検索すると、ゴムを切って縫っただのめんどくさい記事がわんさかでてきた。ワイが求めてるのはもっと楽な方法なんや。

 

これを解決したのが、ゴムバンド系のベルト。スカート丈を短くするアレと言えば伝わるだろう。 

キャンドゥでアレを買って、アンクルパンツの上の方、カーディガンで見えないくらいの位置に締めると、あら不思議、一日中アンクルパンツだった。 

すごーい!ゴム通しがなくてもベルトが締められるフレンズなんだね

 

キャンドゥではほかに、かかとの靴擦れ防止ジェルを買った。毎日絆創膏貼って予防しなくて済む。触り心地もジェルだから気持ちいいし無限に触ってたい。

 

百均最高!というお話。

 

花金

大学生のときは、花金なんて死語だろ、と思っていたが、社会人一週目を終えて悟った、「花金は生きている」!

 

親戚中に「まさかお前が働くとは」と言われているが、さすがにいつまでも貯金とバイトで生活はできない。

以下、平均的精神障害者(今は調子がいい時期)の社会人一週目感想である。

 

1.朝が早い

当たり前だ。朝食をとり弁当を作り洗濯などしてたらのろのろしている時間など1分たりともない。12時過ぎに起き出してくるアホアホ大学生は働き出す前に社会復帰リハビリをした方がいい。通勤時間が長いなら尚更だ。

 

2.昼休みが短い

うちの職場は昼休み以外は決まった休憩時間がなく、トイレやストレッチなどは各々に任せられている。昼休みは1時間与えられているが、これが短い。

社食がある人はそうでもないかもしれないが、1時間というと外に食べに行くにはギリギリだし、午前中3時間くらい仕事してからの休憩時間にしては本当に短い。大学時代「昼休みなげえ〜〜〜」などとほざいていた自分をぶん殴りたい。大学はそこそこ広くて食堂や生協は充実していたが、街から隔離されていたというだけなのだ。街にあったら1時間じゃ絶対に足りてなかったのだ。

 

3.早く寝なければいけない

これは早起きのために必須だ。低血圧鬱病患者は、それこそ22時には寝ないと朝早く起きられない。無理。

 

そんなわけで、こんな時間まで起きていられるのも花金ゆえ。今日花金、ゆえに我あり。学生に花金が理解できるわけなかったんや。特に飲みに行ったりしたわけではないけど、とにかく休日って最高ですね。

この生活にいつ慣れるのか、慣れずに鬱病が悪化してしまうのか、初任給は2ケタ万あるのか。

乞うご期待。

イタリアでプリペイドSIMを使うの巻

SIMフリーiPhoneSEなので、イタリアでプリペイドSIMを買ってみた。

フランスはせいぜい4日間だったしビビって治安のいいエリアに泊まったため不要だったが、イタリアは1週間いるし都市間の移動もあるため万全を期す。というかまずフィレンツェ空港からホテルへのタクシーでぼったくりの洗礼を受けた。

 

今回買った携帯業者は「TIM」というところ。イタリアでいうドコモ的なところみたいだ。ホテルから一番近くの業者がそこだったので契約。

30日間有効

4Gのデータ通信4GB 

100分の国内国際電話

SIMカード

コミコミで1人€30だった。通話なしのデータ通信のみプランもあるのだが、有事の際に警察などにすぐに連絡できる方がいいと思い通話もつけた。値段は詳しく見ていないがせいぜい€6くらいしか変わらないらしい。そのくらいなら払ってやらあ!

 

通話はすぐに繋がったのだが、ネットがいつまで経ってもできず調べると、APN設定を失念していたことが明らかになる。

 

このAPN問題の解決策には諸説あるらしく、「何もしなくても使えた」「開通したら届くSMSに書いてあるユーザーネームとパスワードを入れる」など様々な声がネット上では見受けられた。試行錯誤の結果、自分は

「設定→モバイルデータ通信→通信のオプション→モバイルデータ通信ネットワーク」

で、一番上のAPNをwap.tim.itにするだけで接続できた。

f:id:imokosato:20170308031222p:image

一番下のmmsのところはSIMをさしたら勝手になってた。

 

速度チェックまでするオタクではないのでそこまで書かないが、とりあえず通話もネットも使えてよし。

 

 

華の都パリのスリたち

パリ旅行の話。

 

パリの鉄道には乗り越しとかいう概念がないらしく、間違えた切符を買って乗車した場合問答無用で「無賃乗車」と見なされて罰金を取られるらしい。それぞれのホームの出入りに改札があるため、方向を間違えてしまっても反対側に移動することができず、また外に出なければならない。

本来1.9€の切符でも、うっかり乗車可能圏内を間違えると30€もの罰金を支払わなければならないとのこと。

 

というわけで、パリ観光で電車を使う際は、切符や行き先に細心の注意を払っていた。

そんな中昨日エッフェル塔に行こうとして、駅の表示を色々確認していたら、黒いパーカーにジーンズの20〜30くらいの男が「行き先は?」と聞いてきた。「エッフェル塔だ」と答えると、「こっちだ」と券売機まで案内してくれた。

券売機で男は「一日券?二日券?」と聞いてくる。「そんなに使わん。片道でいい。」と答えると1.9€の片道券を選択してくれた。ここまではmerciであるが……

 

そのとき、券売機の近くの駅員さんがいる窓口から「hey! 」との声が!

呼ばれたので行ってみると駅員さんが「気をつけなさい、あいつはスリだ。私を見たらすっ飛んで行ったよ」

たしかに、後ろを見ると男はいなくなっていた。

駅員さんに行き先を聞かれ切符を買うと、駅員さんはすぐに駅構内の駅員に「スリが出たぞ」というようなことを伝えており、すぐに「スリがいるから気をつけて」というような構内アナウンスが全体に流れた。

 

多分、10€以上の1日券などを買わせて、財布からお金を出したところでひったくろうとでもしていたのだろう。すぐに財布を出さなくてよかった。

とりあえず心やさしき駅員さんに50000回 merci である🇫🇷

 

また、エッフェル塔付近では「署名詐欺」も見かけた。

よくわからん紙を渡されて「ここに署名してくれ」と言われ、署名すると隅っこに小さく金額が書いてあり、「署名したんだからこの金を払え」と言われるアレだ。東京駅八重洲口のバスターミナルにもたまにいる。

フランスにおける彼らはなんかよくわからんボードを持っており、「can you speak ENGLISH?」と話しかけてくる。フランスは移民の街であり、フランス語の話せるアジア人などたくさんいる。しかし英語で話しかけてくるということは、あからさまに外国人観光客を狙っているということだ。

 

今からイタリアに行く。警戒レベルをあげて、スリを撃退するぞい!

本体を先に転送

こんばんは。

現在裏日本蛮族の地から大日本帝國東京府に向かう貧民交通手段、夜行バスの中におります。

引越し搬入はまだだが、先に不動産屋に鍵をもらったり住民票を変えたり部屋の掃除などをするために、数日早く本体とスーツケースで転送されることにした。

 

2012年の2月、大学入試の二次試験のため、初めて私は日本海側にやってきた。特急しらさぎ米原を過ぎたあたりから路面に白く積もるものが見えてくる。着いた駅には自動改札がなく、サザエさんに出てくるような円形のカウンターの中に駅員さんがいて、切符を裁く。

 

初めて聞いた裏日本の言葉は、自分は東北訛りのような、〜だべというような感じを想像していたのだが、「〜や」「〜ねん」を聞いてすぐに「関西弁だ……」と思ったのを覚えている。

18年間東京と静岡にしか住んだことのない子どもにとっては、 や、やねん、おる、おらんを言う人は全員関西弁だった。この点に関しては大学入学後、語尾は関西だがイントネーションは関西弁とはまったく違うし人のタイプも違うことに気付いた。

 

言葉以外で驚いたのは道路の色だ。

北陸の道路は何故か茶色かったら黄色かったりする。これは黄砂の影響なのかと思っていたのだが、冬場に散布される融雪剤の影響で、道路の表面もまたサビてそのような色になるらしかった。

 

気候はクソだった。何も降っていなければ晴れという人種の住む土地である。雨はデフォルト、およそ太平洋の民の住める場所ではなかった。そら鬱病にもなりますわな。

 

食べ物は美味しかった。大学一年から続けた和食居酒屋のアルバイトでは、店主ご夫婦に毎日美味しい賄いを作っていただき、北陸の海の幸山の幸を堪能できた。裏日本での一番の楽しい思い出はここでのバイトと言ってもいいくらいだ。

 

大学も大学院もそんなに思い入れはない。そもそも自分の勉強不足が招いた事態だから学歴コンプはないし、寒冷蕁麻疹や実家からの距離を鑑みれば、第一志望だったシベリアよりかはあの大学に進学してよかったのだが、やはり精神の深淵がひっかかるのだろうか、最後まで大学行きのバスの情報表示「金沢大学行き」がしっくり来なかった。母校に対する愛着のようなものはない。

 

しかし、裏日本で過ごした期間のトータルは楽しかった。授業では様々な知識を得ることができた。サークルもやってなかったし友達もいなかったが、バイクも乗れたラーメンもいっぱいたべた。酒をいっぱい飲んだ。

高校から大学まで一緒だった友人も言っていたが、ここに住んで良かったと思う。鬱になったけど。

 

 

さようなら、もう二度と住むことはない街よ、住みやすく、生きづらい街よ。

 

 

 

 

 

クロネコでお引越しの巻

裏日本クソ広クソ安マンションを退去した。

f:id:imokosato:20170220114409j:image

 

今回の引越しはクロネコヤマトを使ってみた。ベッドなどがあるので単身パックではなく、普通の引越しだ。

前回はダントツで安かったサカイにしたが、営業マンが他社をけなすスタイルで売りつけて来るタイプで気分が良いものではないし、ダンボールの引き取りにも時間通りに来なかったりしたので今回は見積もりすら頼まなかった。

 

クロネコ運送業者であって引越し業者ではないため、サカイと比べると作業スピードは遅い。また、玄関の養生なども特にせず、床に布を敷くだけだった。

長距離引越しなので家具などをかなり丁寧に梱包してくれていたのだが、作業員の一人がバイトということもあり、全体で1時間と少しはかかった。

 

寒いし暇なので新居での作業はもっと早く終わって欲しい。プロ2人が来てくれることを祈る。

結露防止シールと荷造り

今の部屋はかなり窓が大きく、またわりと車の出入りのある道路に面している。引っ越してきたとき目隠しにもなると思って、百均やニトリAmazonで結露防止シールを買って貼っていた。

たしかに窓や周辺はカビなかったが、シール自体はカビた。

 

今日剥がそうとしたらこうなった。

f:id:imokosato:20170214214026j:image

窓二枚の上下に貼っていたため、全て落とすのに1時間はかかった。ドライヤーがあればなにか変わったかもしれないが、ダンボールに詰めてしまったあとだったので時すでにお寿司。

食器用のスポンジに水を含ませて、窓の上方から洗剤混じりの水を前面に流してからが一番楽に取れた。1時間も格闘していると、手全体はカサカサになるし親指は痛いし爪と肉が少し剥がれるアレになってつらい。

 

ダンボールは23くらいになった。つかれた。

最後にカーテンやトイレカバー、スリッパを全部コインランドリーにぶち込んできた。フカフカになった。よかった。