佐藤妹子の備忘録

精神障害者のメモ。

北朝鮮国営レストランで将軍気分

ファッキンジャパンアイランドでは馴染みがないが、北朝鮮は、国交がある国では様々な外貨獲得活動をしている。国営レストランもその一つだ。

 

我々が滞在していたカンボジアシェムリアップにも北朝鮮国営レストランがあったため勿論行ってきた。

「ゼッテエ俺たちの金で某23区にミサイルを落とそうな……」

 

事前に手に入れた情報は

・冷麺などの朝鮮料理のレストラン

・18時から喜び組風の北朝鮮美女たちによる歌舞のショーがある

・店内は撮影禁止だが、ショーの間は黙認されている

・ショーの後、顔出しOKな北朝鮮美女と一緒に撮影できる

くらいであった。

 

とにかく18時少し前に行ってみたよ。

f:id:imokosato:20180112145430j:image

うーん、それっぽい看板である。期待が高まる。韓国人ツアー客の旅程に結構組み込まれてるらしく(良いのか?)、駐車場には大型バスがいっぱいだ。

 

店の玄関には撮影禁止マークが貼ってあり、ドアを開けると北朝鮮美女が寄ってきて「何人?」と聞いてきた。

中はツアー客で半分くらい埋まっているが、一席に通される。

 

メニューくらい大丈夫だろうと撮影

f:id:imokosato:20180112150207j:image

カンボジアの一般的な食事の価格より割高なので、冷麺とビビンバ、キムチ、ビールを頼んで3人で分け合うことにした。同行者たちがアルコールに弱いので最初はビール一缶のつもりだったのだが、(ショーもやってやるんですけど?)と美女ウェイトレスが無言の圧力をかけつつ「2つ頼め」と言ってくる。はい分かりました。

ビールは北朝鮮のものなのかと聞いたら、アンコールビールだってさ。残念ニダね…… おつまみ的なナッツもサーブされて来た。

 

そうこうしているうちに照明が暗転。

f:id:imokosato:20180112151318j:image

 

それっぽい美女がそれっぽいシンセを弾き鳴らし甲高いそれっぽい歌が始まった!

(それっぽい が分からない人はYouTubeで「牡丹峰楽団」と検索してください)

 

その後は何か太鼓的な多分伝統楽器をポンポコしたり、甕を頭の上に乗せてスーフィーみたいにクルクルしたり、また歌があったり……。一演目終わるごとにあの甲高い声で「カムサハムニダ〜〜」的な言葉(なんかもうちょっと長い単語だった)とともにお辞儀。

 

完全に将軍気分になった。

 

隣のテーブルの韓国人団体客が普通に写真撮ってたので撮ろうとしたら、客席の後ろに控えてる「ホール兼客席監視ウェイトレス美女」が来てみんなカメラ下ろさせられました。事前情報とは違い、ショー中も撮影は厳禁なようです。

 

監視の目をかいくぐりQ子と私が撮影

f:id:imokosato:20180112163611j:image

f:id:imokosato:20180112153957j:image

 

ショー中に料理が来たのでつまみつつステージをガン見。全ての料理が辛い!ビビンバについて来たスープだけ辛くねえ!

 

照明が明るくなってから料理を撮ったよ(食べかけ)

f:id:imokosato:20180112153722j:image

 

拍手喝采とともにショーが終わると、美女との撮影タイムが始まる。韓国人ツアー客が撮影の掛け声で「トンイル(統一)!ww」と言っていて爆笑してしまった。

ツアー客はショーが終わると即退散の旅程らしく、料理もあまり手付かずなまま出て行った。最後に我々も撮影してもらおうとしたのだが、ツアー客との撮影時には5人くらいいた北朝鮮美女がもう片付け作業に入ってしまい、2人としか撮れなかった。

 

将軍気分でポーズ

f:id:imokosato:20180112153618j:image

Yくん「近くで見るとやっぱ美人っすね!」

 

席に戻って料理を食べ、会計を済ませるとレジの横に少しばかり北朝鮮製品の販売コーナーが。

 

f:id:imokosato:20180112154511j:image

Yくん「what's this?」 

北朝鮮美女「it's medicine.」

なんの薬なんだろう。怖いのでそれ以上の追求はしなかった。

 

個人的にはもっとコンギョとか統一列車は走るなどの北朝鮮プロパガンダ曲があるかと思っていたのだが、無かった。

ショーのセトリで一曲だけなんの曲か判明したものがある。曲名「반갑습니다(パンガッスムニダ)」、訳は「うれしいです」という曲だ。 

「同胞のみなさん 兄弟のみなさん このように会えてうれしいです」

「祖国のための熱情があるから 統一の慶祝も近い 」

「うれしいです うれしいです うれしいです」

というような歌詞である。金正日時代に、在日同胞に挨拶する曲を作れ、ということで出来た歌らしい。韓国人ツアー客ばかりのショーには相応しい曲だろう。

YouTubeリンクを貼っておく。


【朝鮮音楽】うれしいです 반갑습니다 (Live)

 

 

そんなわけで、北朝鮮レストランはとても楽しかった。料理も辛いがまずいわけではない。

 

読めないレシート

f:id:imokosato:20180112155831j:image

 

3日後……

 

俺たちの金がミサイルになった。

 

 

飲み食い代がミサイルになることを厭わない方は、是非行ってみてください。

 

シェムリアップでハッピーピザを食す【後編】

あけましておめでとうございます。長らく放置していた後編を書きます。

 

 

ハッピーを食べてから40分後、同行者Yに異変が!

「なんか酔っ払ったような感じしますね」

だが私ともう1人の同行者Q子には特に何も起こらないので、とりあえずピザ屋から出て有名バー、レッドピアノへと移動。

ピザ屋の会計はそんなに高くなかった。ドリンク含め1人$8くらい。

 

レッドピアノに着くと同行者Yが

「すごく眠い」

「頭が痛い」

などと言い出す。顔は青白く、手が小刻みに震えている。

 

(おいおいカンボジアでハッピー食べて1人だけ死ぬとか勘弁してくれよ……)

健康な我々2人はYの心配というよりか己の保身についての心配をしていた。

 

Yくんが「ちょっと寝ます」と言って自分が頼んだパスタに手をつけずにレッドピアノのテーブルに伏せるので、我々はムシャムシャとパスタを食らっていた。

ちなみに私は何も異変が起きないことにイラつきアンコールビールを飲んでハッピーに追いアルコールをキメた。

 

5分ほど経っただろうか、Yくんが突然起き上がり「うわ〜ヤバかった!どれくらい寝てました?40分くらい?」などと言い出す。数分前とは比べ物にならないほど血色がいい。

「5分くらいだけど……」

「マジすか?!」

Yくんはいわゆるバッドトリップをキメたのであった。「薬物、ダメゼッタイ」などと呟いている。悟ったようだ。

 

一方その頃、ハッピーを摂取してから60分が経過していたが、Q子にも異変が起きていた。

「なんか今すごい幸福」

「あなたたちと話すよりこの幸福に浸っていたい」

と言い捨てて、我々の話しかけをガン無視して恍惚の表情を浮かべている。

 

私には特にこれぞハッピー!!というような症状は出なかった。

何でみんな効果が出てるんだろう。抗鬱薬眠剤五年プレーヤーだから耐性がつきすぎているのだろうか。酒にも強いからダメなのだろうか。

酔っ払った感じと目の奥がギンギンする感じはあったものの、残りの2人のような明らかな異変は起きなかった。

 

Yくんは復活したので、とりあえず翌日北朝鮮レストランで落ち合う約束をして今回はレッドピアノで解散することにした。多幸感に包まれている私がQ子は責任を持ってホテルに連れ帰ることに。

 

Q子はホテルに帰ってからも

「ジェットコースターで落ちる直前のがずっと続いてる」

「風が気持ちいい」

「めっちゃ幸せ」

などと意味のわからないことをのたまい、挙げ句の果てに

「妹子さんお薬ちょうだい」

などと要求してきた。お断りである。

 

ハッピーピザ効能まとめは

Yくん:バッドトリップ

Q子:ベリーハッピー

僕:少し酔っ払った感じ

という結果になりました。

個人差があるね!ということを学びました。

 

 

 

 

シェムリアップでハッピーピザを食す【前編】

カンボジアでは、マリファナを食べることは合法らしい。もしかしたら本当は違法なのかもしれない。どちらにせよ、「カンボジアにはブラックペッパーのごとくマリファナの粉末をぶっかけた通称ハッピーピザを提供する店がある」ことは事実である。

 

事前に調べた情報では店員に「Are you happy?」と聞かれ「happy」と答えるとハッピーピザが、それ以外を答えると普通のピザが出てくるとかなんとかかんとか。合言葉式、カッケェじゃねえかよ……

とにかく取材班はその謎を探るべくカンボジアシェムリアップに向かった。

 

シェムリアップはいわゆるアンコール遺跡群がある街で、カンボジアの京都的なところ。ここで外国人観光客が食事を楽しむとなると、だいたい「パブストリート」という飲食店街にたどり着く。

ハッピーを求めてパブストリートをうろちょろしていると……

 

f:id:imokosato:20171215075943j:image

ドン

f:id:imokosato:20171214174441j:image

デデドン

 

どう見てもイカれてる看板が目に飛び込んできた。ちなみにもう一軒はあります。

 

ツイッター映えしそうなロゴの「ecstatic pizza」の方に入店。

f:id:imokosato:20171214174631j:image

それぞれのテーブルの上の照明もこのキチガイスマイル。ちなみに店員さんのTシャツもキチガイスマイルだった。欲しかった……

 

渡されたメニューブックを読む(写真撮り忘れた)。見た限り普通のピザ屋だ。一枚3ドルくらいからある。安い。しかし看板にもメニューにもhappyのハの字すら書いてない。テーブルの上の胡椒と見せかけてハッピーが置いてあったりするのかと思って確認したけどそんなことなかった。

「ここで本当にハッピーピザが食えるのか?」

取材班に一抹の不安がよぎるが、きっとあの合言葉が出てくるんだ!そう信じて注文する。

「ハッピーの素材の味がわかるやつにしよう」ということで、チーズとトマトだけのシンプルなピザと、店名である「ecstatic pizza」の名を冠した野菜たっぷりらしいピザを注文。また、ハッピーになった場合その原因がハッピーだと特定できるよう、アルコールは無しとした。

そんな感じで店員さんに注文したが、あの合言葉を聞かれない!自分から言わなければならないらしい。

 

僕「Can we be happy?(ハッピーになりたいでちゅ)」

店員さん「ハッピーはタダじゃないよ、ティースプーン1杯で2ドル」

僕「okok」

同行者「two happy please.(2枚ともハッピーにしてけろ)」

 

TOEIC5点並みの英語で注文を終え、我々はスラムの話などをしながらハッピーピザを待った。

しばらくすると……

f:id:imokosato:20171214175735j:image

これが……ハッピーちゃんですか……

 

明らかにティースプーンマシマシなので値段に怯えつつ、いざ実食!いただきます。

 

これは……お茶っぱです。

ピザの上だけでなく中にも葉っぱが入ってる。そして大麻草といえど普通の葉っぱである。即ち味はお茶っぱと一緒だ。

ピザの上と中にお茶っぱが入ってる……

これが率直な味の感想である。お茶っぱだから苦い。ピザ自体は普通に美味しいのに葉っぱ部が苦い。

ピザ自体はマジでおいしい。普通においしい。生地がふっくらしてなくてどちらかというと薄いほうのピザ。クリスピーっていうんでしたっけ、なんかああいうかんじのやつです。

トマトとチーズのほうはハッピーの苦みが勝っていて葉っぱの味だったけれども、ecstaticのほうはホウレンソウなど野菜がたっぷりだったので葉っぱの苦みが目立たなかった。取材班満場一致で後者のほうがおいしいと感じた。しかしなんだこれ。なんなんだこれは。葉っぱだらけじゃないか、俺は青虫か?

 

ネットで調べたところハッピーの効果は40〜60分後に現れてくるらしいので、雑談などしながら待つ。

 

本日はこれまで。【後編】に続く!