佐藤妹子の備忘録

鬱病6年無職の生活。

猫のごはんについて

去る7月に猫を捕まえたので一緒に暮らしている。この経緯については端折るが、猫を捕まえたとしか言いようがない。

 

猫を飼って気付いたのは、「猫の健康的食事には金がかかる」ということである。

 

人間だったら、その辺で売ってる野菜と肉で健康的なご飯が作れる。そこに塩をぶち込むのもウェイパーをぶち込むのも人間次第だからだ。そりゃ人間でも完全有機野菜にこだわって生協とかで国産のものしか買わない場合は少しは高くつくが、それでも調理過程が各々に任せられているので、そこから糖尿病患者のための料理を作ることもできるし、ケミカルな料理を錬成することも可能だ。しかし猫は違う。

 

猫の餌を手作りしてあげる場合は別だが、だいたいの人間が猫には既製品のフードを与えていると思う。しかし激安キャットフードには、本来捨てるような肉や、本来肉食である猫の体によくない穀類とか合成着色料とかなんかとにかく悪いものが使われているのだという。そうやって作ると猫の食いつきが悪いので、匂いを強くしたり塩分をドバドバ入れて食わせるようにしているそうだ。人間だったら98円の小松菜でも158円の小松菜でも安全に食おうと思えば食えるのに、猫の飯は安ければ安いほど粗悪だそうだ。

猫飼い初心者の私は、そんなことはつゆ知らず、amazon1.6kg 466円のカ●カンドライを買って与えていたのだが、猫に数日血便が続いて受診した際に動物病院で買わされたベッツプランのフードは400g 963円だった(ちなみに10月から7%値上げするそうですのでリピーターは今月中にまとめ買いしといたほうがいいよ)。その時の診断結果は「腸内細菌のバランスが崩れている」とのことだったのだが、紹介されたフードには「腸内細菌のバランスを整えます」と書いてあったので、なるほどキャットフードをいいやつにしてやらなければいかんな、しかしベッツプランを継続的に買うのはちょっと財布に響くぞ、と気付いていろいろ調べ始めたのであった。

調べてみると「プレミアムフード」といった種類のキャットフードがあるそうで、このカテゴリに属するフードは、人間でも食べられるレベルの原材料を使って、化学調味料を使用せずに作っているものだそうだ。なんか安心っぽいじゃん?プレミアムフード専門通販サイトがあったので見てみたら、400gで1500円とかいうのが出てきておったまげた。多分もっと高いのもある。ちなみに400gというと、体重5kgのちょいでかめ成猫なら4日で終わる量だ。4日で1500円。俺が大学に入学したての頃は一週間1000円でイオンの火曜市を糧に暮らしていたというのに。

さすがに四つ足の猫畜生にそんなのは買えないので(ドチャクソ失礼)、amazonでニュートロのナチュラルチョイスとかいう2kgで2600円のを買った。

f:id:imokosato:20190130130112j:image

猫安全原理主義者による情報サイトだとニュートロも少し安全面に問題があるらしいが、カ●カンに比べたら安全of安全だろう(ちなみにそのサイトで一番安全だと評されていたフードはamazonだと1.5kgで5000円だった。ひぇえ)。

 

早速カ●カンからニュートロに変えてみると、なかなか違いが如実に表れる。便が健康になったのだ。

猫の便は、かりんとうのように軽くて、猫砂やティッシュなどにあまり付着せずそんなに臭くないのが健康とされているらしいのだが、エサを変える前はしばらく割とねっとりして臭い便が続いていた。しかしその便が、「猫の便理想形」のような感じに変化したのだ。

また、エサのにおいも全然違う。カ●カンがまだ1袋残っているのでおやつのように少量出してみたら、袋を開けただけですごい匂いがすることに気付いた。カ●カンは、謎肉とハムとツナと塩と大さじ一杯混ぜたような匂いがする。やったことないけど。食べた後の猫の口からもすごくしょっぱそうな匂いがする。猫も、どちらかというとニュートロよりもカ●カンのほうがよく食いつく。人間が天然酵母の食パンよりもマックのポテトに吸い寄せられてしまうように、格安キャットフードにもジャンキーな魅力があるのだろう、と思った。ちなみにカ●カンを与えたらまた便がすこし粘っている。猫の体正直スギィ!

 

自分がアレルギーアトピー持ちで割と自然食品を食べて育ったため、猫にも体にいいものを食べてほしい気がしてそんな感じで暮らしている。早く●ル●ン使い切って、いいごはんだけ食べて健康ねこちゃんになろうね・・・。