佐藤妹子の備忘録

精神障害者のメモ。

シェムリアップでハッピーピザを食す【前編】

カンボジアでは、マリファナを食べることは合法らしい。もしかしたら本当は違法なのかもしれない。どちらにせよ、「カンボジアにはブラックペッパーのごとくマリファナの粉末をぶっかけた通称ハッピーピザを提供する店がある」ことは事実である。

 

事前に調べた情報では店員に「Are you happy?」と聞かれ「happy」と答えるとハッピーピザが、それ以外を答えると普通のピザが出てくるとかなんとかかんとか。合言葉式、カッケェじゃねえかよ……

とにかく取材班はその謎を探るべくカンボジアシェムリアップに向かった。

 

シェムリアップはいわゆるアンコール遺跡群がある街で、カンボジアの京都的なところ。ここで外国人観光客が食事を楽しむとなると、だいたい「パブストリート」という飲食店街にたどり着く。

ハッピーを求めてパブストリートをうろちょろしていると……

 

f:id:imokosato:20171215075943j:image

ドン

f:id:imokosato:20171214174441j:image

デデドン

 

どう見てもイカれてる看板が目に飛び込んできた。ちなみにもう一軒はあります。

 

ツイッター映えしそうなロゴの「ecstatic pizza」の方に入店。

f:id:imokosato:20171214174631j:image

それぞれのテーブルの上の照明もこのキチガイスマイル。ちなみに店員さんのTシャツもキチガイスマイルだった。欲しかった……

 

渡されたメニューブックを読む(写真撮り忘れた)。見た限り普通のピザ屋だ。一枚3ドルくらいからある。安い。しかし看板にもメニューにもhappyのハの字すら書いてない。テーブルの上の胡椒と見せかけてハッピーが置いてあったりするのかと思って確認したけどそんなことなかった。

「ここで本当にハッピーピザが食えるのか?」

取材班に一抹の不安がよぎるが、きっとあの合言葉が出てくるんだ!そう信じて注文する。

「ハッピーの素材の味がわかるやつにしよう」ということで、チーズとトマトだけのシンプルなピザと、店名である「ecstatic pizza」の名を冠した野菜たっぷりらしいピザを注文。また、ハッピーになった場合その原因がハッピーだと特定できるよう、アルコールは無しとした。

そんな感じで店員さんに注文したが、あの合言葉を聞かれない!自分から言わなければならないらしい。

 

僕「Can we be happy?(ハッピーになりたいでちゅ)」

店員さん「ハッピーはタダじゃないよ、ティースプーン1杯で2ドル」

僕「okok」

同行者「two happy please.(2枚ともハッピーにしてけろ)」

 

TOEIC5点並みの英語で注文を終え、我々はスラムの話などをしながらハッピーピザを待った。

しばらくすると……

f:id:imokosato:20171214175735j:image

これが……ハッピーちゃんですか……

 

明らかにティースプーンマシマシなので値段に怯えつつ、いざ実食!いただきます。

 

これは……お茶っぱです。

ピザの上だけでなく中にも葉っぱが入ってる。そして大麻草といえど普通の葉っぱである。即ち味はお茶っぱと一緒だ。

ピザの上と中にお茶っぱが入ってる……

これが率直な味の感想である。お茶っぱだから苦い。ピザ自体は普通に美味しいのに葉っぱ部が苦い。

ピザ自体はマジでおいしい。普通においしい。生地がふっくらしてなくてどちらかというと薄いほうのピザ。クリスピーっていうんでしたっけ、なんかああいうかんじのやつです。

トマトとチーズのほうはハッピーの苦みが勝っていて葉っぱの味だったけれども、ecstaticのほうはホウレンソウなど野菜がたっぷりだったので葉っぱの苦みが目立たなかった。取材班満場一致で後者のほうがおいしいと感じた。しかしなんだこれ。なんなんだこれは。葉っぱだらけじゃないか、俺は青虫か?

 

ネットで調べたところハッピーの効果は40〜60分後に現れてくるらしいので、雑談などしながら待つ。

 

本日はこれまで。【後編】に続く!