佐藤妹子の備忘録

精神障害者のメモ。

フリーターと化す

最近は全然勉強もしていなくて、完全に週に2〜3日バイトに行くだけのフリーターと化している。

 

北陸の冬はほぼ曇天の中なにかが降ってくる。太平洋側の青空の下ぬくぬく育ってきた民にはシベリア抑留されるも同然、鬱病シーズン到来である。最近北陸出身で首都圏に進学した18歳のツイートを見かけたのだが、「こんなに空が青いと気持ち悪い 関東の冬を耐えよう(ToT)」という感じだった。生物として気持ち悪いのはお前たちの方だと言いたい。一生日光に当たれずにビタミンDを生成できず骨粗鬆症になってしまえ。

 

そんな季節なので閉鎖大学院にはやはりなんとなーく足が向かず、今日も人の少ない時間帯に行ってさしあたって必要なぶんの学割を発行し、指名手配犯のように逃げてきた。閉鎖大学院は閉鎖部落そのままなので、自分が何も言わなくても休学することや退学することなどが先生や学生に知れ渡っている。迂闊に姿を見られるわけには行かない。田舎の情報伝達速度は光ファイバーを超えるのだ。

 

年始は巫女バイトに精を出そうとしていたのだが、近々忌み事がありそうな気配があるので、穢れ的に奉仕が可能なのか分からない。神職の場合、身内に不幸があったらx日は出社不可などのきまりがあるらしいので今問い合わせているが、無理だったら諦めて年末の市場で魚を売るバイトに申し込もうと思う。

 

あと明日はプログラミングします。勉強。