読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤妹子の備忘録

精神障害者のメモ。

東京都の障害者手帳がやってきた

転入にあたり東京都の障害者手帳を手に入れた。日本海側の某県の手帳と見た目だけ比較する。

 

f:id:imokosato:20170503211430j:image

PASMO(まだ障害者乗車証にしていないので、普通のカードと同じものです)と大きさ比較。でかい。長財布でなければ入らないところだった。

 

f:id:imokosato:20170503211511j:image

これは某県。開くと顔や名前が書いてある。

 

f:id:imokosato:20170503211646j:image

東京。おや?写真は何処に?

 

f:id:imokosato:20170503211657j:image

まさかの外側に顔、内側に住所!

 

すぐに本人確認できそうだが、大きさも相まって隠して持ち歩く難易度が上がった。財布から落ちてしまった時に人に見られなどしたら、上になってる面が表でも裏でも「佐藤さん、何か落ちましてよ……あら、やーだ何それ見せてくださる?」とかなってしまうんじゃないか?

障害者手帳に手作りカバーをつける界隈のことは知っていたが、たしかにつけたくなるぞこれは。

 

………というわけで、カバーを作ったわけではないが、

f:id:imokosato:20170503215318j:image

f:id:imokosato:20170503214537j:image

とりあえず中身の右と左を逆にして、顔写真がある方をこちらに向けておいた。

これで警察手帳のように、表紙を開いたら表紙の裏に写真と名前が出てくる。

住所まで確認されるような場合は顔写真が載ってる紙を引っ張り出す必要があるが、とりあえずこれで凌いでみようと思う。

 

 

障害者手帳で都営交通機関

わたしの中で精神障害者手帳界最強の、東京都の手帳を手に入れた。

 

全国民にとって最強かどうかはわからないが、私が東京の手帳が一番だと思っている理由は、どこにでもあるような手帳の恩恵に加えて、「都内の手帳保有者は都営の鉄道や都内のバスが無料or半額になる」からである。

具体的にどこが無料になるかというと、(コピペ)

・都営交通(都電、都バス、都営地下鉄及び日暮里・舎人ライナー)の全運行区間

だそう。都営は全部無料ということ。

ちなみに半額になるところは、(コピペ)

東急バス、東急トランセ京王電鉄バス京王バス東、京王バス南京王バス中央京王バス小金井関東バスケイビーバス、西武バス、国際興業小田急バス小田急シティバス京浜急行バス羽田京急バス、京成バス、京成タウンバス東武バスセントラル東武バスウエスト朝日自動車立川バスシティバス立川西東京バス神奈川中央交通日立自動車交通新日本観光自動車、大島旅客自動車、八丈町営バス三宅村営バス

らしい。

 

電車社会で交通費無料の恩恵が受けられるのはなかなかありがたい。

日本海側の某県では路線バスが半額だったが、田舎の路線バスはそもそもがとても高い。初乗りが200円など当たり前の世界だ。

一方都内では、都営地下鉄で大手町から北千住まで10km弱あるのに195円。10kmもあると、某県ならバスで500円以上はかかるはずだ。手帳の恩恵で半額になっても250円。しかし都営地下鉄なら、大手町から北千住までが無料。無料である。

 

というわけで、私は都内手帳が最強だと思っているのである。

 

上記の恩恵は、PASMOか磁気券か紙券の「精神障害者都営交通乗車証」を発行してもらう必要があるため、GW中にhttp://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/shougai/nichijo/jousyasyo.html に掲載されている駅の何処かで発行してきたい。

 

 

 

あいつも手帳を取られたエンジェル

水曜日に会社を休んだが、控えめに言って最高だった。土日水が休みなら、月曜火曜で休み、木曜金曜で休み。アツイ、ヤバイ、間違いない。

そもそも週2日休みって誰が決めたんだ。旧約聖書創世記か?それなら神を恨むぞ俺は。週3日休みにしてくれ。

 

最強障害者手帳である東京都の障害者手帳が出来たと役所から連絡があったが、平日は取りに行けないため、月曜日に郵送で返信用封筒や手帳を用意して送った。しかし新しいものがまだ送られてこない。

即日来ると思っていたから週初めに送ったのに、ゴールデンウィークに手帳無しではおちおち博物館にも行けず、困る。今日も都営地下鉄身体障害者にエスカレーターの直前で割り込みされたが、手帳がないので手帳ビンタが出来ず悲しかった。俺に力を返してくれ。

 

 

ハタラクユニクロ スマートアンクルパンツについて

弊社はオフィスカジュアル推奨なので、私はユニクロのカーディガン、ユニクロのブラウス、ユニクロのスマートアンクルパンツを色違いで数枚買い、手持ちのセーターやカーディガンと組み合わせて春の通勤服、としている。

 

このスマートアンクルパンツなのだが、ベルト通しがない。これはユニクロのアンクルパンツ全体に言えることらしい。

Sだと脚と尻が太くてはきづらかったためMサイズを買ったのだが、脚と尻に合わせたためウエストが合わないという問題が。Mサイズで定義しているほどのウエストがないため、ずり落ちてきてしまうのだ。腰パン短足不可避!

 

「アンクルパンツ ウエスト 落ちる」などで検索すると、ゴムを切って縫っただのめんどくさい記事がわんさかでてきた。ワイが求めてるのはもっと楽な方法なんや。

 

これを解決したのが、ゴムバンド系のベルト。スカート丈を短くするアレと言えば伝わるだろう。 

キャンドゥでアレを買って、アンクルパンツの上の方、カーディガンで見えないくらいの位置に締めると、あら不思議、一日中アンクルパンツだった。 

すごーい!ゴム通しがなくてもベルトが締められるフレンズなんだね

 

キャンドゥではほかに、かかとの靴擦れ防止ジェルを買った。毎日絆創膏貼って予防しなくて済む。触り心地もジェルだから気持ちいいし無限に触ってたい。

 

百均最高!というお話。

 

花金

大学生のときは、花金なんて死語だろ、と思っていたが、社会人一週目を終えて悟った、「花金は生きている」!

 

親戚中に「まさかお前が働くとは」と言われているが、さすがにいつまでも貯金とバイトで生活はできない。

以下、平均的精神障害者(今は調子がいい時期)の社会人一週目感想である。

 

1.朝が早い

当たり前だ。朝食をとり弁当を作り洗濯などしてたらのろのろしている時間など1分たりともない。12時過ぎに起き出してくるアホアホ大学生は働き出す前に社会復帰リハビリをした方がいい。通勤時間が長いなら尚更だ。

 

2.昼休みが短い

うちの職場は昼休み以外は決まった休憩時間がなく、トイレやストレッチなどは各々に任せられている。昼休みは1時間与えられているが、これが短い。

社食がある人はそうでもないかもしれないが、1時間というと外に食べに行くにはギリギリだし、午前中3時間くらい仕事してからの休憩時間にしては本当に短い。大学時代「昼休みなげえ〜〜〜」などとほざいていた自分をぶん殴りたい。大学はそこそこ広くて食堂や生協は充実していたが、街から隔離されていたというだけなのだ。街にあったら1時間じゃ絶対に足りてなかったのだ。

 

3.早く寝なければいけない

これは早起きのために必須だ。低血圧鬱病患者は、それこそ22時には寝ないと朝早く起きられない。無理。

 

そんなわけで、こんな時間まで起きていられるのも花金ゆえ。今日花金、ゆえに我あり。学生に花金が理解できるわけなかったんや。特に飲みに行ったりしたわけではないけど、とにかく休日って最高ですね。

この生活にいつ慣れるのか、慣れずに鬱病が悪化してしまうのか、初任給は2ケタ万あるのか。

乞うご期待。

イタリアでプリペイドSIMを使うの巻

SIMフリーiPhoneSEなので、イタリアでプリペイドSIMを買ってみた。

フランスはせいぜい4日間だったしビビって治安のいいエリアに泊まったため不要だったが、イタリアは1週間いるし都市間の移動もあるため万全を期す。というかまずフィレンツェ空港からホテルへのタクシーでぼったくりの洗礼を受けた。

 

今回買った携帯業者は「TIM」というところ。イタリアでいうドコモ的なところみたいだ。ホテルから一番近くの業者がそこだったので契約。

30日間有効

4Gのデータ通信4GB 

100分の国内国際電話

SIMカード

コミコミで1人€30だった。通話なしのデータ通信のみプランもあるのだが、有事の際に警察などにすぐに連絡できる方がいいと思い通話もつけた。値段は詳しく見ていないがせいぜい€6くらいしか変わらないらしい。そのくらいなら払ってやらあ!

 

通話はすぐに繋がったのだが、ネットがいつまで経ってもできず調べると、APN設定を失念していたことが明らかになる。

 

このAPN問題の解決策には諸説あるらしく、「何もしなくても使えた」「開通したら届くSMSに書いてあるユーザーネームとパスワードを入れる」など様々な声がネット上では見受けられた。試行錯誤の結果、自分は

「設定→モバイルデータ通信→通信のオプション→モバイルデータ通信ネットワーク」

で、一番上のAPNをwap.tim.itにするだけで接続できた。

f:id:imokosato:20170308031222p:image

一番下のmmsのところはSIMをさしたら勝手になってた。

 

速度チェックまでするオタクではないのでそこまで書かないが、とりあえず通話もネットも使えてよし。

 

 

華の都パリのスリたち

パリ旅行の話。

 

パリの鉄道には乗り越しとかいう概念がないらしく、間違えた切符を買って乗車した場合問答無用で「無賃乗車」と見なされて罰金を取られるらしい。それぞれのホームの出入りに改札があるため、方向を間違えてしまっても反対側に移動することができず、また外に出なければならない。

本来1.9€の切符でも、うっかり乗車可能圏内を間違えると30€もの罰金を支払わなければならないとのこと。

 

というわけで、パリ観光で電車を使う際は、切符や行き先に細心の注意を払っていた。

そんな中昨日エッフェル塔に行こうとして、駅の表示を色々確認していたら、黒いパーカーにジーンズの20〜30くらいの男が「行き先は?」と聞いてきた。「エッフェル塔だ」と答えると、「こっちだ」と券売機まで案内してくれた。

券売機で男は「一日券?二日券?」と聞いてくる。「そんなに使わん。片道でいい。」と答えると1.9€の片道券を選択してくれた。ここまではmerciであるが……

 

そのとき、券売機の近くの駅員さんがいる窓口から「hey! 」との声が!

呼ばれたので行ってみると駅員さんが「気をつけなさい、あいつはスリだ。私を見たらすっ飛んで行ったよ」

たしかに、後ろを見ると男はいなくなっていた。

駅員さんに行き先を聞かれ切符を買うと、駅員さんはすぐに駅構内の駅員に「スリが出たぞ」というようなことを伝えており、すぐに「スリがいるから気をつけて」というような構内アナウンスが全体に流れた。

 

多分、10€以上の1日券などを買わせて、財布からお金を出したところでひったくろうとでもしていたのだろう。すぐに財布を出さなくてよかった。

とりあえず心やさしき駅員さんに50000回 merci である🇫🇷

 

また、エッフェル塔付近では「署名詐欺」も見かけた。

よくわからん紙を渡されて「ここに署名してくれ」と言われ、署名すると隅っこに小さく金額が書いてあり、「署名したんだからこの金を払え」と言われるアレだ。東京駅八重洲口のバスターミナルにもたまにいる。

フランスにおける彼らはなんかよくわからんボードを持っており、「can you speak ENGLISH?」と話しかけてくる。フランスは移民の街であり、フランス語の話せるアジア人などたくさんいる。しかし英語で話しかけてくるということは、あからさまに外国人観光客を狙っているということだ。

 

今からイタリアに行く。警戒レベルをあげて、スリを撃退するぞい!